ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣人はクールな同期でした

第1章:同期はクールなヤツでした。


ココは
とある出版社 広報(広告)部。



「ふあ~ぁ
眠いなぁ…。」


本当、昼ご飯のあとの仕事って
ヤル気出ないんだよねー。



コピー機のディスプレイをポチポチ押して
大量印刷しながら大欠伸してみたけど。
んなところを上司に見られたらまた怒られんな。
それでなくてもだいたい毎日怒られてんのに。






「はぁ!?
なんで通んないんだよ煌月(こうづき)!」

「煩い。大声出すな。
 そんな先行きわからない企画
 採算が合わないからだ」

「お前ら編集部が持ち掛けた企画だろ!
 そう思うならもっと考えてオレ達に仕事を振れよ!」


デスクが騒がしいなって思ったら
まーた始まったよ。
アタシの頭を悩ます編集部のバカ男
【 煌月 ジン】-Jin kouduki-(29歳)が
他部署に喧嘩吹っ掛けてる。


「って…
 相手の男、営業部じゃん。
 そもそもココ広報部なのわかってんのか?
 どうして編集部と営業部がいるの、まったく」


アンタ達がモメ事を起こすと
こっちにまで被害と犠牲を被る羽目になるんだわ。





< 1/ 339 >