ケータイ小説 野いちご

マイラヴレディ~俺の愛しいお姫様

*蓑島くん、超っ絶にふざけないで
ミスターの御成り

***





「おっはよー!久しぶり!」

「夏休み、何してた?彼氏出来たんでしょ?ラブラブしちゃってぇー!」

「そんなんじゃないよもうー」




2学期も今日からスタート。

久々の学校。仲間との再会だからか、学校内全体、少し浮ついた空気が漂っている。

私は部活でほぼ毎日学校に来てたけど…クラスの友達とは久々だもんね。

なので、私もそれなりにその空気に乗っかってしまう。




「星月ー!久々ー!」



すでに教室にいた私のところに、クラスでの仲良しの子、彩里(さえり)が駆け込んでやってくる。

彩里は小さくて、可愛らしい。

164㎝のデカい女の私とは大違い。

彩里、相変わらず可愛いな…。



「彩里おはよ」

「おはよー星月!会いたかったー!んもー久々!」

「って、三日前に遊んだじゃん…」

「もう!毎日でも会いたいよー!星月、部活で忙しいし!」



すると、もう一人。

彩里の後を追って私のところにやってくる。

私よりデカい、スポーツバックを肩に掛けた、ショートカットの女が。

斗弥子(とみこ)だ。



「星月おはよー!日焼けしたね?さすがサッカー部のマネ。部員よりも日焼けしとるわ」

「女バスは室内でいいよねー。夏の日差し、キツいわ…」

「斗弥子、久しぶりー」

「おっ。彩里とは久しぶりだねー。星月とは学校でしょっちゅう会ってたけどさー」

そして、斗弥子は豪快に笑う。

そうだね…斗弥子も私も部活が毎日のように…。



すると、仲間外れ気分になったのか、彩里がぷうっと膨れる。



「やぁーもう!私も何か部活やればよかった!何かずるい!」

「じゃあ女バスのマネやれ。待ってるぜー?」

「…本当に考えよっかな」




< 6/ 800 >