ケータイ小説 野いちご

マイラヴレディ~俺の愛しいお姫様

*蓑島くん、超っ絶にふざけないで
付き合う付き合わないの攻防

***





どことなく変わっている人だとは思っていたけど…。

お調子者でセクハラ大魔王と思っていたけど…!




ここまで変なことを口走る人だったとは…!




しかも、『俺と付き合え!』と、ドヤ顔だ。

何でそこでドヤるのよ。



「…で、どうすんだ?俺と付き合うのか?どうなんだ?」

「ち、ちょっと待ってよ!どうして急にそんな話になるの!」

「それは、星月が不憫に思えたから。泣いちゃうほど水口ラブなのに、チューしているとこ二回も目撃しちゃって泣いちゃって。サッカーが恋人と言われながらも、右膝ケガしてサッカーも辞めちゃうことになっちゃって」

は、はぁ?!

「ど、同情ならいらないよ!私なら大丈夫だし!それに、バカにしてんのはそっちでしょ!」

「バカにしてないさー。だって、水口にもサッカーにもフラれ、星月の心はぼろぼろ、独りぼっち…」

「お、お気遣い無用ですけど!」

「そこで、俺様がそんな傷だらけの星月を癒してやるのさ?」

「い、癒す…?」

「恋の傷は恋で癒せ。っていう言葉、あるだろ?うひひ…」

「恋の傷は恋で…だから、付き合えっていうの?!冗談じゃ…!」

「だーかーら。冗談じゃないですぜー?本気本気」



…この男っ!


< 43/ 800 >