ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

きっと夢で終わらない

神さま、どうして

万感の朝。
プラットホームに立つ私は目を閉じ、胸いっぱいに「今日」という日を吸い込んで、ゆっくりと「過去」を吐き出した。
喧騒の中、線路の向こうに見える街並みを眺める。

世界は動いている。今、この瞬間も。
私一人が消えたって、時は止まったりしない。
私一人がいなくなったって、太陽は真上に上がり、真っ赤に沈んで、濃紺の夜を連れてくる。
そして、何事もなかったように、また「明日」を迎える。

私一人が死んだって、地球は回り続けるし、時間は進み続けるのだ。


自然と緊張はしなかった。
恐怖も感じない。
未練もない。

初夏の風が吹いて、私の髪をさらっていく。
視界を遮るロングヘアを押さえて、教科書の入ったスクールバッグの柄を持ち直す。
肩にかかる重さと、感じる鼓動、すうっと鼻を抜ける苦い匂いは、私がまだ生きていることを証明する。

でも、もう終わりだ。
この何センチもない白線を超えて、飛び出せば、全ての思い煩いから解放される。

もう、気にすることも、悩むことも、期待することも、しなくていい。
誰かを嫌いになったり、好きになる必要もない。

< 1/ 18 >