ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

昼休みが終わる前に。

【第4章】しおりの約束





♢♢♢♢♢


次の日の朝、泥のような眠りから覚めると、すでに10時を回っていた。


カーテンから透ける陽光の色合いからして、今日も暑い日になりそうだ。


昨日あのあと、時間が許す限り教室の出入りをおこなってみたけど、何度試してみても、やっぱり過去には戻れなかった。


もし私の予想が正しければ、たぶん今日一番最初に教室に入ったとき、ふたたびタイムリープが起こる。


……というより、起こってほしかった。




私は身体を転がすようにベッドから降りた。


二日連続で無理をしすぎたせいで、全身が筋肉痛のようにだるい。


重い足を動かして窓辺に近寄り、カーテンを開け放った。窓の外には、雲ひとつない澄み渡った夏の空が広がっている。


空を見上げながら、今日こそは、と思った。




< 64/ 233 >