ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

昼休みが終わる前に。

【第8章】夏の花火と君の横顔





♢♢♢♢♢


翌日の夕方、三時間以上かけて夏祭りの支度を終えた私は、鏡の中の自分と向き合っていた。


昨日美容院で、腰まで伸びていた髪を肩の辺りで綺麗に切り揃えてもらい、前髪も作ってもらった。


髪を軽くしたら印象が一気に明るくなり、派手すぎるかな、と心配していた赤い口紅は違和感なく馴染んでいた。


こんな風に化粧をしたり、髪型をセットしたりするのはいつぶりだろう。なんだか自分じゃないみたい。


唯人に見せたら、なんて言ったんだろう。


可愛いって、言ってくれたのかな。


一瞬、顔が曇りそうになって、私はばちん、と自分の両頬を叩き、ぶるぶると頭を振った。アジサイの髪飾りが音を立てて揺れる。


そんな顔しちゃダメ。


私はきゅっと口角を上げ、鏡に向かって笑顔を作った。


よし、これでいい。


笑顔を保ったまま階段を降り、リビングに入った。ソファーでくつろいでいたお母さんが、浴衣姿の私を見て立ち上がった。




< 152/ 233 >