ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

昼休みが終わる前に。

【第6章】懐かしい味





♢♢♢♢♢


午前8時。サイドテーブルの上で鳴っているスマホのアラームを止めた。


ベッドに横たわったまま顔を窓の方に向けると、カーテンの向こうはどんよりとしていた。


雨は降り続けているようで、しんとした室内に、窓ガラスを打つ雨粒の音が響いている。


ベットから降り、カーテンの隙間から外を覗いた。まるで私の心を反映させたような灰色の雲が、空一面を覆っていた。






私は必要最低限の身支度だけ整え、おしゃれのかけらもない黒い長靴に足を突っ込んで、バス停に向かった。


太陽は出ていないが湿度が高く、蒸し暑い日だった。ちょっと歩いただけで身体中が汗ばむ。


約束していた時間よりも少し早かったけど、玄関のベルを鳴らすと、松下先生はすぐに出てきてくれた。



< 104/ 233 >