ケータイ小説 野いちご

クール彼氏の取扱説明書

1.言葉が足りません。
─由良side─





「由良ちゃん、元気ないね〜?」




土曜日。
久しぶりに、中村とのっちとお出かけ!


……なんだけど。




「ハァ〜……」



「うっわ、またため息出しやがった」




せっかく2人と久しぶりのお出かけなのに、どうしてなんだろう。


さっきから佑月のことばっかり考えちゃう。




「どうせ今井の話だろー?聞くよ、そんくらい」



「そうだよっ!なんでも話しちゃって!」



「ううっ……2人とも大好きだよ〜!」




ガバッと抱きつくと、のっちは抱きしめ返してくれたけど、中村には頭を叩かれた。



ひっ、ひどいっ!




< 29/ 42 >