ケータイ小説 野いちご

ずっと、キミのこと見てたよ?





「利仁クンのカノジョ!?それはホントでデスカ〜?」


「しーっ!もうっ、メアリーったら声大きいよ~!」



たった今、メアリーに昨日会ったことを報告したところ。


すると、期待以上にメアリーは驚いてくれた。


それも無理はないよね。


私だって、利仁くんから今朝メールがくるまで夢だとしか思えなかったもん。



「だって、いきなりすぎマセンカ〜?」


「うっ……」


そう突っ込まれると何も言い返せない。



私も不思議なんだ。


利仁くんは『ずっとキミのこと見てた』と言ってくれたけど、どこで見たのかもわからない。


私のどこが好きなのかもわからない。


それ以前に、まだ利仁くんの彼女だってことに慣れない。


< 18/ 27 >