ケータイ小説 野いちご

高桐先生はビターが嫌い。

3回目の出会い。


******


…行きたくない。

マジで行きたくない。

学校に、行きたくない。



「…、」


「あれ、陽太スマホは?」

「…あっ!ダイニングの上だ!」

「早く~。遅刻すんだろ、」


「…」



…春休み明けの、4月上旬。

約二週間くらいの短い春休みは、あっという間に終わってしまって。

今日から、一学期がスタートする。


だけど今日から、噂によると“彼ら”も新生活が本格的にスタートするらしくて、

あたしは玄関のドアに耳を当てながら、二人の外での会話を静かに盗み聞いていた。

…あたしは朝からいったい何をやっているんだろう。

そう思いつつも、今、このドアを開けるわけにはいかなくて。

後々どうせ学校で会うことになるんだけど、いまこの瞬間に二人の目の前に現れるのは…何だか少し気が引けた。



「っし、陽太オッケー?」

「うん。あとは…うん。大丈夫、うん」

「じゃあ行くか。あー、っつか何か緊張すんな」



…なんて、そう言いながら。

だんだん二人の声がドア越しに遠退いていく。

行った……のかな?


あたしはそう思って玄関のドアを静かに開けると、さっきまでそこに居たであろう二人の姿は消えていた。

< 31/ 301 >