ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

人気者の上原はいつも不機嫌

深まる闇





「な、ん、で今日も残らないといけないの!?」


「仕方ねぇだろ。夏休み補習とテストあるんだから。」


「でも私必要ないんだよね!?
じゃあ今回くらいいいじゃない!」



………夏休み間近の今日。



上原が言った通り夏休みに補習とテストがあるらしく、今日も絶賛バカを演じている上原。


それに巻き込まれているのは私と、須藤くんである。


「別にお前、どうせ暇なんだろ。」


暇って……!
私だって家でゆっくりしたいんだけど!?


そんな私たちのやりとりを見て、須藤くんは笑っているだけだった。


「ねぇ、須藤くんもこのバカになんか言ってよ。」


「うーん、海斗には何言っても無駄だと思うよ?」


えー……、須藤くんにそう言われちゃったら何も返せないよね。


「………お前って毎度毎度、慎也の言うことは聞くんだな。」


「うるさい!」


だって須藤くんは優しい人だし、上原なんかより信頼できるに決まってる。



< 184/ 541 >