ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

トシノサ恋 ~永久に…君に~

壊れてしまった想い…

「……紗和?」

聞き慣れた声が私の後ろから聞こえた。

「…え」

振り返ると、私と新井くんを見て

強ばった顔をした勝平の姿があった。

「……しょ…っ、勝平……。」

私は思わず、新井くんの手を振りほどいた。

ハッ……

私……

新井くんの顔を見ると、何とも言えない

苦しそうな表情をして私を見ていた。

「…ごめん…」

新井くんに謝る私を見ていた勝平は

信じられないというような表情で

目を丸くして…私の方に近づいてくる。

「……何だよこれ…。」

「……っ」

「紗和…何だよ、コイツ…教え子だろ?

説明しろっ、今すぐ……説明しろっっ!」

勝平が私の肩を強く掴んで

アパートに連れて行こうとする。

「…痛っ…」

さっきの男達に掴まれた所に

痛みが走った。

「待って下さいっっ!」

ガシッ


< 106/ 182 >