ケータイ小説 野いちご

kioku

プロローグ



目を開けるとボヤけた視界の中に
白い天井が見えた。

視線を右にずらすと窓の外を覗くようにして
立っている男性が1人。
ボーッとする頭の中で考えても、
自分はこの男性を知らない。

気だるさの残る重たい身体を起こす。

「...!? 柚ッ!」

その物音に男性は自分が起きたことに気付き
身体を支えてくれた。

"柚(ゆず)"

この言葉に疑問を抱いた。

「身体辛くないか?痛いところは?」

自分の身体を心配してくれる男性を他所に
妙に冷静な頭の中で最初に発した言葉は、

「だれ?」









< 1/ 24 >