ケータイ小説 野いちご

世界が色づくその瞬間

忘れていた記憶

「ねぇ!姫香ちゃん、一緒にお昼食べない?」

「うん!いいよ!」

お弁当を一緒に食べられる日がやってくるなんて……!!

私は、心の中で舞上がっていた。

「あっ!見て、姫香ちゃん!隣のクラスの雷鬼仁人くんって、やっぱり目立つよねー!!」

「え…?どうして?」

私は、不思議そうに首を傾げた。

「だって、あんなにイケメンなんだよ!?目立たない方がおかしいよ!!」

「そうなんだ。そういうものかな……?」

「そういうものなの!」

すると、私は少し微笑んだ。

「?どうして今笑ったの?」

「あっ!別に彩ちゃんが変とかじゃなくて、なんていうか……。彩ちゃん見た目と少し違ってたから

びっくりして。」

「えっ!?変だった!?」

彩ちゃんは、びっくりした顔で少し落ち込んでいた。

「いや!変とかじゃなくてすごく、いい子で話しやすくてこういう子はすぐ友達できるんだろうな

ぁ……って。」

その言葉に、彩ちゃんは顔を近づけた。

「姫香ちゃんだって、いい子だよ!?それに、私たちもう友達だよ!?」

彩ちゃんは、自信たっぷりな顔して言った。

友達……?

「え……!?姫香ちゃん、どうしたの!?」

私は、頬を伝って涙がこぼれた。

これはきっと、悲しい涙じゃない……。

きっと、これは…。

「ううん!何でもない!!これはね、嬉しい涙なの!!」

友達ができた幸せな涙だよ……?


< 15/ 26 >