ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

クジラちゃんの恋

出会い

約束の時間になると愛花が私の家のチャイムを鳴らした。

まだ用意が完成していなかった私は急いで準備し家を出た。

「ごめん!お待たせー」

「いいよ〜、そんなに待ってないし!」

私たちは暗い夜道を駅まで歩いきはじめた。

私たちの最寄駅まで道は街灯が少なく暗く少し怖い道のりだ。

すると後ろからずっと追いかけてくる足音に愛花が気づいた。

「なぁ、なんかさっきから誰かついて来てない?」
「うそやん、怖いねんけど」

女の子が2人でもこの夜道のなかついてこられたら流石に恐怖を感じる。
でもその足音はずっとついてくる。
しびれを切らした愛花がぱっと振り返った。
すると茶色いコートをきた男が私たちに汚い男の勲章を見せつけてきた。

こんなことをされたのは初めてで恐怖で嫌悪感から動けなく鳴った私たちに男はだんだんと近づいてきた。

私は勇気を振り絞って声を出した。
「誰か!助けて〜!」

その声と男の異変な行動に気づいてくれたずっと後ろにいた若い男性が走って駆けつけてきてくれた。

格闘技でも習っていのか男は露出狂に投げ技をかけて締め上げた。そして、私たちに「大丈夫ですか?」と声をかけてくれた。
その時の男の声はとても綺麗で私は思わず胸のトキメキを感じてしまった。
しかしその隙に露出狂が男の手から逃げていってしまった。

私たちは男にお礼を言った。
「ありがとうございます!」

男は「いえいえ、当然のことやから。それより大丈夫ですか??」と優しく声をかけてくれた。

その時見た男の顔はとても綺麗で私は言葉が出なかった。


< 5/ 5 >