ケータイ小説 野いちご

チョコレート戦線

通じ合うバレンタイン

やりきれた、その思いで胸いっぱいになりながら私は駅に向かって歩いていた。

すると、背後から走ってくる足音が聞こえてくる。

「木村さん!!」

そう呼ばれて背後から肘を掴まれた。

その声に驚きを隠せず振り返る。

「奥山くん?!」

ビックリして、その顔を見上げつつ足が止まる。

「えっと・・・、何かあった?」

そう、窺うように訊ねると

「大アリだよ。今捕まえなきゃ俺、後悔するし・・・」

その言葉に、彼が一緒に入れたメッセージカードを見た事を悟る。

「木村・・・。これってホントに俺へだよね?このメッセージカードなら、コレは本命チョコだよね?」

そう聞かれて私は顔を赤らめつつも、うつむき加減で首を縦に振った。

「ありがとう。すっげー嬉しい・・・」

聞こえてきた言葉に驚いて見上げた先には、照れながら笑う可愛らしい彼の顔がある。

「その・・・、迷惑じゃない?」

そう自信の無さから、窺うように聞くと

「嬉しいって言ったじゃん?木村から本命のチョコを貰えて。」

そう答えてもらえてホッとした次の瞬間

< 15/ 16 >