ケータイ小説 野いちご

冷たい彼は私に溺愛

それって嫉妬ですか





ーー次の日の朝





私はいつも通りドキドキしながら大輝くんと一緒に登校し、教室に入る。





「おはよう、河野さん。」





自分の席へ行くと、これもいつもと同じで木下くんがあいさつしてくれるんだけど……





木下くんが少し元気がないように見えた。





「おはよう。……木下くん、大丈夫?少し元気がないみたいだけど……。」



「あ、やっぱりわかる?」
「うん…。」



しんどいのかな?と、少し心配していたら




「実はさ、昨日のバスケで大輝に負けたの結構ショックなんだよね。かっこ悪いところ見られたなぁって思って落ち込んでた。」




なんて少し自嘲気味に言う木下くん。




だから私は、昨日の昼休みを思い出した。
確かに木下くんは負けてたけど……




「そんなことないよ。木下くんも大活躍だったしすっごくかっこよかった!


やっぱり木下くんも運動神経いいんだね。
何でもできるっていいなぁ。」





また、思ってることをすぐ口にしてしまった私。




< 26/ 286 >