ケータイ小説 野いちご

ほんもの。

ニセモノの価値とは。


偽物は、本物とは違うことを証明できれば良い。

じゃあ、本物はどうやって証明するのだろう。

九時を示す置時計を掴んで、この部屋が安藤のだったことを思い出した。

起き上がって、置時計を戻す。服どこだろう。安藤も居ない。

ベッドから降りて寝室を静かに出た。リビングへ顔を出すと、ソファーに座っていた安藤がこちらをすぐに向いた。

「……お、はようございます」

「はよ」

立ち上がって、新聞を畳む。新聞取ってるんだ。
台所に行った安藤を目で見送り、私は安藤が置いていった新聞を広げる。

「パンと飯」

「うん?」

「どっち食う?」


< 57/ 235 >