ケータイ小説 野いちご

ほんもの。

ほんものを抱き占める。


子どもみたいだと笑って。

笑い飛ばしてくれたら良い。


来てって、もしかして実家のことだったのかも。

と、思いついたのは終わって、ぐったりとベッドにうつ伏せになった時だった。安藤が肩を掴んで仰向けにしてくる。

口付けを落とされて、シャツを頭に被せられる。「風邪ひくだろ」と面倒見の良いことを言う。

「あのさ、安藤」

腕を通してまた横になった。安藤は視線で何かと言う。

「実家、行くよ」

「……いや、来なくて良い。あんな風に話すことじゃなかった」

隣に寝転んで毛布をかけてくれた。


< 144/ 235 >