ケータイ小説 野いちご

花魁通りの姫様は

ここどこ?

『…ヒロ!チ…!頼むから、起きてくれ!』

んー。よく寝たー。なんか懐かしい夢を見た気がする…
まぁ、いいや。

「あ?起きた?体大丈夫?辛くない?」

うわわ、質問攻めだ。って、だれ?

「あ、ごめんね?僕の名前は淳(ジュン)っていうんだ!」
「えっと、うちは千尋っていいます…」
「チヒロか!オッケー!」

明るい人だな。
そういえばここってどこ?

「あのここってどこですか?」
「ああ、ここは死華(シカ)の倉庫だよ!」

シカ?え、鹿?

「今、絶対動物の方思ったよね?!違うからね!全国3位の族、不死身の華、死華だから!」

全国3位?じゃあ、1位も2位もいるのかな?
まぁ、それはどうでもいいや。

とりあえずこれから住む家探さなきゃ。

「あの、うち家とか探さなきゃいけないんで、失礼します。」
「だめだめ!まだ熱高いんだし、うちの総長に倉庫に来いって言われたでしょ?」

もしかしてあの優しい人って死華の総長さん?まじかよ。

「しかももしかしたら行く学校もない感じ?だったら僕らと同じ学校行こ?」

え、ほんとに?だとしたらめっちゃありがたい。

「じゃあここでお世話になってもいいですか?」
「いいよ!死華メンバーも、もう君のこと知ってるし!」

よかった。探すのめんどくさいなって思ってたし。

「はなしは終わったのか?」

あ、さっきの人。

「さっきは助けてくれてありがとうございます。あと、これからよろしくお願いします。」
「おう。」



< 6/ 52 >