ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

花魁通りの姫様は

海だ!


翌日、みんなでビーチに行った。

行ったんだけど…

「お兄さん達、かっこいいね!」
「あたしたちと遊ばなぁい?」

みんな速攻で逆ナンに捕まりました。

「まあみんなかっこいいから仕方ないか。睡蓮の人たちの所でも行こっかな。」


……

「お姉さん達かわいいね?」
「モデルさん?とりあえず俺らと遊ばね?」

こっちもかよ!

まあでもみんな、かっこいいとか可愛いとか言われて喜んでるからいっか。

1人で泳ぎに行こっと。



うーん…
1人で泳いでもつまらないなあ…

あ、カキ氷食べよ!


「いらっしゃい!何味にする?」

元気のいいおじちゃんだな。

ブルーハワイもいいけどメロンもいいなあ…

ここはメロンだな!

「メロン1つください!」

「はいよ!お嬢ちゃん可愛いからおまけね!」

おじちゃんはそう言ってシロップを多めにかけてくれた。


ふふ、おいしい。


…みんなまだ逆ナンに捕まってんのかな。

みんなと遊べると思ったのに。

「少し寂しい…」


「あれ?彼女1人なの?」

またナンパかよ。うちの近くでやらないでほしいわ。

「ねえ、聞いてる?」

―――トントン

「ふぇ?!」

え!うちに言ってたの?!


< 52/ 52 >