ケータイ小説 野いちご

【完】『空を翔べないカナリアは』

プロローグ




空を翔べないカナリアは

鳥に非ずと蔑まれ

石のつぶてを投げられて

それを王子は不憫だと

手を差し伸べて救い出し

青の浜辺にはなったら

星へ向かって羽ばたいた




< 1/ 275 >