ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が見せてくれた、私の世界

高校生活
初対面 千暁side

「なー千暁。」


「なんだよ。」



春休みが明けて、今日からまた面倒くさい学校が始まる。


学校に着いて、始業式を受けてからのHR。


そんな午前中だけの学校だが、面倒くさいわ眠いわで…気分は最悪。


そんな中、始業式後の休み時間に友達の一翔が話しかけてきた。



「転入生来るらしいぜ。」


「そりゃそうだろ。
俺の隣空いてるし。」


出席番号男子の一番最後の俺、冷泉 千暁。


この栗色の髪色のせいか、ほとんどの生徒は話しかけてこない。


話しかけてくるのは…一翔や俺の知り合い数人。



「しかもめっちゃ可愛いらしいよ。」


「へぇ…。」



いいよいいよ、興味無いから。


どうせビビって話しかけてこないだろうし。



「はーい、席ついてー。」


「芹ちゃん来たから座れよ。」



担任の芹沢。


40代のくせに、見た目は20代でも全然いけるイケメン教師で人気。


俺みたいなやつでも怒る時は当たり前に怒るし、褒めてくれる時は褒めてくれる。


…ほかの教師はビビってなんも言わねぇからこの教師が3年間俺の担任。





< 20/ 312 >