ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君が見せてくれた、私の世界

高校生活
初登校

学校に通うと決めた日から、日常は慌ただしく過ぎて行った。


制服を用意して、教科書を用意して…と必要なものが多かったから。


きちんと、パパの知り合いの理事長さんに挨拶にも行った。



「想世架ちゃんならやっていけるよ。
お前の子なんだから。」



理事長さんにもそう言ってもらえて、なんとなく自信がついた。


きっと、大丈夫。



「そよ、大丈夫?」


「……う、うん。」



そして今日。


初めて学校に行きます。


実際行くのは2回目だけど…あの時は、春休み中で講習とか部活の生徒さんしかいなくて。


しかも、裏口から行ったから誰とも会わずに行って帰ってこれた。





< 12/ 312 >