ケータイ小説 野いちご

【完】恋のおまじないNo.2

関西弁の男sideカズマ

昼休み…静かだった教室が一気に騒がしくなった。



「聞いたか?1組にすげぇ転校生が来たってよ」



「えー、マジで?転校生ってウチのクラスだけじゃねーのかよ」



冬休み明けの今日、俺のクラスに転校生がやってきた。



てっきりリサだと思ったら…全然違う、男で。



そうそう、リサが急遽ウチに寝泊まりすることになった。



ウチの高校の関係者と知り合いらしく、社会勉強を兼ねてしばらく転入するんだと。



いきなり過ぎて引く。



やたらこっち来たいとは言ってたけど…まさか行動に移すとはね。



イトコとはいえ年頃の男と女。



全く抵抗がないとは言い難い。



なにより俺の領域を荒される感がして嫌だ。



リサと俺は生活ペースが全く違うだろうし…今朝も寝坊かまして下着姿で家ん中ウロウロしてさ。



ったく冗談じゃねぇ。



肌見せて歩くなって怒ったけど、笑ってたし…あれは全然こたえてなさそうだ。




< 52/ 282 >