ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】恋のおまじないNo.2

新学期のサプライズ

今日は冬休み明けの始業式。



そんなに長い休みでもないのに、久しぶりに会う顔が懐かしく感じる。



どこにも行かなかったあたしは、食べて寝るの繰り返しですっかりお正月太りしてしまった。



カズマの言うように、ほっぺがタプタプ。



女子の大半はおしゃれに気遣っているから、さらに細くなっている子も多い。



そして年始にお年玉をもらったせいか、持ち物がバージョンアップしてる子もたくさんいる。



「それかわいい~、どこで買ったの?」



「有名なショップで買ったんだ~。1日の朝から並んだの」



キラキラのキーホルダーをスクールバッグにつけた友達を、数人の女子が囲んでいる。



あたしのバッグには、カズマが買ってきてくれたお守りがついている。



あのキーホルダーも綺麗だけど、このお守りの方があたしには数百倍の価値がある。



なんの変哲もないお守り袋だけど、どんな物よりもキラキラして見えるよ。




< 35/ 282 >