ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

特別な名前






コンビニでカフェオレを買い、悠里くんの家へ向かう。



悠里くんの家はマンションの一室。



小学生のとき、何度か遊びに来たことがあったから、知っていた。



インターホンを鳴らしても、返事はない。



……当たり前か。鍵借りてるんだし。



306と書かれた扉の鍵穴に、悠里くんから預かった鍵を差し込んだ。



ガチャ、と鍵が開いた音がしたら、急に緊張してきた。



……これ、不法侵入だと思われて通報とかされちゃわないかな…!!



ドキドキしながらドアを開ける。




「お邪魔しまーす…」




遠慮がちに中に入ると、



見てはいけないものが目に飛び込んできた。



廊下に脱ぎ捨てられた、靴下やトレーナー。



……いや、これはわかる。悠里くんのだろう。



その中に混ざっていた、



……女物の下着。



ピンクの、リボンがついてるやつ。






< 35/ 369 >