ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

矢代くん事情







先生の話を聞くのも終わり、班ごとに別れ、人が減っていく。




「吉川さん、行こ」



「凛、置いてくぞ」




キョロキョロとまわりを見回していると、杉浦さんと悠里くんに声をかけられた。



……美音、ちゃんと班行動してるかな?



さっき一人だったから、心配だ…。




「美音のこと気にしてんだろうけど、
凛が気にしたってどうにもなんないから。
はい、行くぞ」



「わっ、ちょっ、ちょっと~……!」




強引に手を引かれ、やっと移動を始める私たち。



いまだに悠里くんの帽子を被せられたまま、目的地へと歩き出した。




「たこ焼きいっぱい食べましょ」



「なんで杉浦が食いたがってんだよ」



「早織(さおり)のそういうとこ、可愛くない?」




3人は仲良く、隣一列並んでお喋りしている。






< 121/ 369 >