ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

おバカさん









「あら。
吉川さんかわいい」




1日研修(という名の遠足)当日。



集合場所に着くと、杉浦さんに開口一番そう言われた。



学校行事だけど、



今日はみんな私服で参加する。



杉浦さんは、予想通り……いや、



予想以上のキレイさだった。




「杉浦さん、髪の毛くるくる…!
服装大人っぽい…!めちゃめちゃ似合う…!」



「そう?ありがとう。
吉川さんもツインテール似合ってる。
蛭川くんもイケメンね」



「え?
あぁ、ありがとう」




集合場所まで、真白くんと一緒に来たから、



真白くんも杉浦さんに誉められていた。



美音は……1週間前から全然話していない。



どうやら避けられてるみたいで、登下校もお昼も一緒じゃなかった。



今日も先に行ってしまって、私が着いた時にはもうC組のバスに乗車してるとこだった。






< 103/ 369 >