ケータイ小説 野いちご

俺様教師と甘々課外授業

「お前のことだけ考えてた」




ジャー…



「…」


「なかなか腫れひかないな。

ったくアイツどんだけ力強いんだよ。」


先生と翔太の勝負が決まったあと

先生はすぐに私を保健室まで連れていき腕を冷やしてくれた。


放課後だから保健の先生はもう帰宅していて

今は保健室でふたりっきり。

だけどドキドキなんてしてる場合じゃない。


「先生のバカっ!」


「は?」


「…あんな勝負引き受けるなんて、頭おかしいんじゃないの?」


< 98/ 337 >