ケータイ小説 野いちご

俺様教師と甘々課外授業

「俺にこういうことされる覚悟ができてるってわけだ?」




「涼しー!」

「ほんと、快適ね。」


夏休みに入ってようやく、学校内に冷房がついた。

え?なんで夏休みなのに登校してるかって?

実はうちの学校は

夏休みに入って2週間は午前中だけ授業があるんです。

一応、進学校だからね。


「夏芽、あれから進路の事考えた?」


2時間目の休み時間、美貴がふと、聞いた。


「あーうん。今のところK大かな。でももうちょっといろいろ比較してみようと思ってるとこ。」




< 148/ 337 >