ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。

出会ったその日に







普通ってなんだろう。


学校の帰り道を歩いていると、毎日いつも通りすぎて
ふとそんな事を思ってしまう。



私、加島朝日(かしま・あさひ)は
後先なにも考えないそこら辺によくいる女子高生。




毎日楽しいこと起きないかなーなんて。

そこらへんの道に散らばっている石ころを蹴っては
我ながらつまんない人生へと向かってると思う...




思ってたんだけど





「...えっ?」



なぜか私の家の前で倒れている、黒い物体。


真っ黒なスーツに赤色の血が滲んでいて
痛々しいぐらいケガが目立つ。





「あの...?」



ゆさゆさと揺さぶってみても、ピクリとも動かない。



怖くなって警察に電話しようとしたけど


見た目通り、もしかしてもしかすると危ない関係の人だったら、後でやり返されそうだったので。
警察を呼ぶのはやめて、スマホをポケットにしまった。








< 1/ 416 >