ケータイ小説 野いちご

人魚姫の初恋

わたしは人魚








わたしは人魚。

海の底で暮らしている。


夜になると、はるか頭上の水面を月明かりが照らして、無数の月光の筋が、深い深い海の底に射し込んでくる。


海底の真っ白な砂粒に、きらきらと輝く月明かりで網目の模様。

とっても綺麗。


わたしはふわふわと漂いながら、うっとりと頬杖をついて光の洪水を眺める。


両手を広げてみると、

わたしの腕にも、胸にも、お腹にも、鱗にも、きらきらと月の光が模様を作っていた。


あぁ………。

なんてきれいなの、夜の海って!


朝の海も、昼の海も、わたしは大好き。

でもやっぱり、夜の海が最高。


月の光を受けて真珠のように輝く波。

明るい緑に煌めく夜光虫が、波に寄せられてさざめく様子。


わたしは楽しくなって、ゆらゆらと波に身を任せた。


ゆぅらりと流されていく。


色とりどりの小さな魚たちが、わたしの周りでくるくる廻って、すてきなダンスを踊る。

イソギンチャクたちが、波に揺られて楽しげにゆらめいている。


彼らに向かってにっこりと微笑みかけ、わたしは波間を漂いつづけた。



< 1/ 12 >