ケータイ小説 野いちご

【完】もっとちょうだい。

*WINTER BATTLE
彼氏の修行(SIDE 弥生)



SIDE 弥生


***


「ヤヨ、先にお風呂入っていいよ」


って、芙祐が新品のスウェットとか色々用意してくれて、強制的に脱衣所まで押し込まれた。



「これシャンプーとかね、この辺の使って」


はいタオル、ってこいつ可愛すぎか?



「あたしと一緒にはいる?」


にやりと笑う芙祐が言う。


「……。バカか」



冷静に流す。一呼吸おけば流せることに今気づいた。



「かわいくなぁーい」



芙祐の一挙一動に躍らされて、ナメられるのは嫌だから。


とりあえず追い出した。



つーか、可愛いとか言われても全然嬉しくないから。




広めの脱衣所。大きな一枚鏡、その周りの棚に香水やら化粧品が立ち並ぶ。


……芙祐が住んでそうだわ。住んでるんだけど。



シャワー浴びながら、ため息。



この状況にずっと落ち着かないのは確実に俺だけ。



泊まるんだけど。今日。芙祐ん家に。


やばくね?


やばいだろ。



他にも泊まったことあるやついるらしいし。本当にありえない。むかつく。芙祐もそいつも。




そうやって男泊めてんのに、経験無しとか。



どんだけあいつ悪魔なんだよ。




< 52/ 268 >