ケータイ小説 野いちご

【完】もっとちょうだい。

*WINTER BATTLE
あたしの彼氏

あたし、土屋芙祐(つちやふゆ)。
冬生まれだから芙祐。
高校3年生で、今は受験生の11月。



受験日までは、校則違反の茶髪でいると思う。

そんな長い髪をくるくる巻き直してから、ピンクのグロスを塗りなおす。


更衣室の大きな鏡を陣取って、


「でーきた」


お化粧カンリョウ。かんぺき。
この後の放課後は、彼氏に会いに行くからね。



「芙祐ってさ……」


「藍ちゃんどうしたの?」



隣に立っている親友の藍(アイ)。


鏡越しにあたしを見つめてる。


黒髪ボブを内まきに直しながら、


「なんか、弥生(やよい)と付き合ってからまた可愛くなったよね?」


そんなこと言ってくれるイイコ、藍。


「藍ちゃん……。いい子だから飴ちゃんあげるね」



お姉さん感動したよ。


「ありがとー。だってまたラブレターもらったんでしょ?」


「もらってないよ」


ちゃんと、”彼氏がいるからもらえません”って、言ってるよ。


あたしちゃんとしてるからね。そういうのは。


「ちょっと前までの芙祐じゃ考えられないよ」


「なにそれ」


「そりゃそうでしょ。アリかナシかで”アリ”ならだれとでも付き合ってたんだから」


「失礼な。ちゃんと吟味して付き合ってたもん」


「数えきれないほど彼氏がころころ変わってたけど、ちゃんと好きだったの慶太くんと弥生だけじゃん」



慶太くん、元カレ。


弥生、今カレ。



「む……」


「そうでしょ?」


ぐうの音も出ないからね。


あたし逃げたよ。藍から。


「すぐ逃げようとする!だいたい芙祐は・」


藍ちゃんの愛のムチ。必殺技お説教。
更衣室の扉閉めたら、藍ちゃんの声聞こえなくなったよ。



今日は寒い。ここ廊下なのに息が白いんだけど。




あたしは今日の放課後も、理数科のがり勉くんの元へ急ぐ。







< 1/ 268 >