ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

水玉花(ミズタマバナ)の奇跡

失われる世界





朝___


ベットから起き上がる
いつも聞こえるお母さんの声がしない



「あれ。今日ってお母さん、…仕事だっけ?」



そんなはずは無い今日は休日で土曜日だ



確かめるために下に降りるとやっぱり
お母さんは、いない



「弟、 妹もいない?なんでだろ」



買い物に行ったのかなと思い、待つことに
した


でも……


「遅いな……今の時間って__」


壁掛けの時計を見ると12時41分を指して
いた
私が起きた時は7時ぐらいだった


「探してこよう……お母さんに限って
道に迷うなんてないよね__?」



きっと どこかで話しているのだろう


って
どこかで、信じていたかったのかもしれない
靴を履きながらそう思っていた。

< 6/ 6 >