ケータイ小説 野いちご

あの手の温もり

高校1年、春



お父さんと話さなくなったのはいつからだろう。


中学生になって、生活の中心が全部友達になってからだったかな。


遊びに行くのも、深い話をするのも、笑い合うのも全部友達。


お父さんとは朝と夜に少し顔を合わせるくらい。


親に出来ない話がどんどん増えて、友達といる時間の方が楽しくなった。


それは高校生になってからも同じで、一緒にご飯を食べていても、お父さんとの会話はほとんどなくなった。


嫌いになったわけじゃない。


それなのに、話しかけられただけでうっとおしく思ったり、そっけない返事しか出来ない。


うっとおしい。


深く突っ込まれたくない。


ほっといてほしい。


あたしも、人並みに反抗期と呼ばれるものに突入したんだと思う。


そんなある日ーー。


「るり……話があるの」


学校から帰ると、お母さんが泣き腫らした目であたしの部屋にやって来た。


「なに?あたし、用事があるんだけど」


「もうすぐお父さんも帰って来るから、その時に話すね」


めんどくさい。


そんなことより、友達と遊ぶ方が大事なんだけど。


それに、テスト勉強もしなきゃ。


万里(ばんり)にも会いたい……。


あたしには、やらなきゃいけないことがたくさんあるんだ。


この時はお母さんの泣き腫らした目を見ても、そんな風にしか思えなかった。


しばらくするとお父さんが帰って来て、あたしと妹のゆりはリビングに呼ばれた。


どこか深刻そうな顔をした両親に、ゆりとあたしは顔を見合わせる。


いったい……なんなの?


「突然なんだけど、お父さん癌なの」


「「え……?」」


癌……?



< 5/ 34 >