ケータイ小説 野いちご

あの手の温もり

高校1年、夏



駆け足で春が過ぎ、あっという間に夏になった。


生温い夜風に吹かれながら、ベランダからお月様を見上げる。


今日は綺麗な満月だ。


どうかーーどうか。


明日のお父さんの手術がうまくいきますように。


祈るように両手をギュッと合わせ、目を閉じて心の中で強く願った。


あれから入院して抗がん剤治療を続けた結果、お父さんの癌は手術が出来るほど小さくなったらしい。


手術をしたあとも抗がん剤治療はやめられないので、長い闘病生活になるだろうとのことだった。


でも、大丈夫。


きっと治るから。


治らないわけがない。


お母さんの言葉に、あたしもゆりもホッとしたのを覚えてる。


お父さんとは相変わらずまともに話していないけど、きっと大丈夫だよね。


大丈夫でいてもらわなきゃ……困るよ。


そして迎えた手術当日。


「お父さん、頑張ってね……!」


「あなた、行ってらっしゃい」


ゆりとお母さんがお父さんの手をギュッと握る。


あたしはそれを少し離れた場所から見ていた。


「ああ、行って来るよ」


ストレッチャーに乗せられたお父さんが、手術室に向かって行く。


お父さん……頑張ってね。


無事に帰ってきてね。


絶対に成功するはずだから。


こんな時でもあたしは……心の中で声をかけることしか出来なかった。




< 12/ 34 >