ケータイ小説 野いちご

あの手の温もり

プロローグ





ーー11月6日。


午前2時05分。


お母さんがすごい勢いで部屋のドアを叩いた。



「るり、お父さんがーー!」



眠りが浅かったこともあって、すぐに飛び起きたのを覚えてる。


「お父さんが……!」


涙混じりの声が、今も耳から離れない。


慌てて1階に下りると、妹が泣きながらお父さんを呼んでいた。


だけどお父さんは目を閉じたまま、その声に反応することはなくーー。



家族に見守られながら、静かに息を引き取った。










< 1/ 34 >