ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

星に願いを

病院


【病院】
《珠明SIDE》

遥「珠明〜」

おっと!
抱きつかれるとわ。

珠明「大丈夫なの?」

遥「まぁな。これでも元族の人間。体力づくりとかはやってたから。」

喋り方、変わってない。
いつもこの優しい喋り方なんだよね。
遥は。

珠明「良かった〜。」

遥「ごめんな。1人にさせて。」

遥に頭撫でられるの久しぶり。
本当に落ち着く。

珠明「私は大丈夫!でも、芹明が…。」

遥「芹明はきっと大丈夫だ。まぁ、琥珀がなんとかしてくれるのを待つしかないな。」

珠明「えっ?琥珀のこと知ってんの?」

遥「俺のいとこ白虎の幹部だし。それくらいの情報は入ってくる。」

そうだよね…。




< 70/ 333 >