ケータイ小説 野いちご

縛 り

噫、何時の事だったか
過去




──前の旦那様はとても素敵な人だった。



いつも美味しいと言ってご飯を食べてくれた。


定期的に私の為に可愛らしい簪や櫛、偶には着物もくれた。


私が嬉しい事は沢山してくれて、嫌な事は何もされなかった。



とても、良い人だった。


沢山私を愛してくれた。



だから、命に限りがあると知った時は悲しかったし、別れの時には涙が出た。



だけど、それでも。



最後の最後まで、私は彼を愛することは出来なかった。




今でも思う。



彼が居てくれて、彼と一緒に暮らせて良かったと。


だけどそれは彼の人の良さに甘えた気持ちだ。




一度だけ、彼に情事を迫られた事があった。


勿論、夫婦の間では普通の事であり、私も覚悟していた。



なのに、いざとなると私は怖気づき、更には別の異性が脳裏を過ぎってしまった。



厚顔な私はそれだけに留まらず彼を突き飛ばした上、泣いた。



ただ涙が止まらなかった。



そんなものを見た彼は優しく私の涙を拭い、はだけた寝間着を綺麗に直した。


それから自分のも着直し、そっと頭を撫でてくれた。


後は眠っただけ。



私はとても安心した。


何もなくて良かった、と。


彼にとっては何一つ良くないのに。



だけど彼は何も言わず、それ以降、触れ合う事は無かった。


私はそんな彼の優しさをずっと利用していたのだ。


死ぬ間際まで。



< 2/ 6 >