ケータイ小説 野いちご

シンデレラにはなれなくて。

Au début de




決して狭くはない自分の部屋でひとりうずくまった。


窓から覗く空は濃紺で無数の星がキラキラと冷たく輝いている。

私はその空を見上げて、ひとつ白い息を吐いた。


微かに聞こえる車の音、楽しそうな声。


こんなにもこの地球(ホシ)には沢山の人で溢れているのに、誰も私の存在に気が付かない。
誰も私を見つけてくれない。



ねえ、寂しいなんて

辛いなんて、言わないから。


どうか…どうか…無償の愛をください。






────私を愛してと、心が叫んでる。






< 1/ 250 >