ケータイ小説 野いちご

闇の中に咲くランの花 Ⅰ

海に行って思い出作り! 麻琴side


嵐のようなテストが終わってから数週間後


潤「海だぁーー!!!!」


そう!今みんなと海に来ています


決まったのは昨日なんだけどね……


それはそれはいきなりで………………



──────────────


潤『なぁ!
夏休み始まったんやで海に行こうや!』



奏『いいね!僕行きたい!』



麻琴『海か~行ったことないかもな~』



楓『えっ!?麻琴行ったことないの?』



麻琴『行ったことあっても
記憶上にはないかな?』



奏『そっか…綾斗ぉ?』



愁『どうしますか?綾斗…』



綾斗『まぁ、いいんじゃね?』



奏『やったぁ~!!!』



潤『わーい!
じゃあワイの別荘に泊まらへんか?
近くに海あるで!』



麻琴『えぇ!?別荘持ってるの!?』



潤『せやで?
ワイ、夜神月財閥の御曹司なんやで!』



綾斗『じゃあ頼んでもいいか?』



潤『おう!まかせとき!
……ほなちょっと電話してくるわ…』


< 212/ 292 >