ケータイ小説 野いちご

闇の中に咲くランの花 Ⅰ

プロローグ

ビチャ
『嫌ぁぁあああ!!』



『ラン…すまない…なに…もして…やれなく…

て…おま…え、だけでも…いき…て…くれ…』


バンッ バンッ



『グハッ』



『いやぁぁあああああ!!』



『こっちにおいで?…大丈夫だから』



『いやだぁああうわぁぁあああ!!』



『僕の声も聴こえないか…』


カチャ


『…死んで僕のものになってよ…』


『ランっ!』


バンッ

『ヴッッ』



『っ!!!何でだよぉぉおおおお!!』



『チッ 邪魔しやがって』



ドウシテナノ?


ワタシノタイセツナヒトタチガ

シナナキャイケナイノ?



ソッカ



































ワタシサエイナケレバヨカッタンダ

< 1/ 292 >