ケータイ小説 野いちご

漫画のような恋がしたい!

ランチタイム

「なんなんだよ!この汚さは!」




体が震える。





急いで来てたんだもん、とは言えず。



「ごめんなさい…」



としか言えなかった。




「まぁいいや。問題は あ、じ!


味だからな!」




ドキリ。




急いで作ったから味に自信なんてない。



ぱく。

もぐもぐ。




味は………………。














「くっそまずい。なにこれ?」







あぁ、もう、顔が良いからってなんでも言い過ぎ。心が持ちそうにない。

私、不器用。
私、朝弱い。
私、カレシ初めて。


色んな思いが交差して………





「っふ……っぐ…」




いつの間にか涙が溢れ出す。



「お、おい……」



健一郎が、アタフタする。


「…ひっく、だって朝弱いんだもん、でもちゃんと目覚ましかけたもん」




あーぁ。泣いてしまった。でももう止められない。





顔を塞いで大泣きする私の頭になにかが触れる。




「泣くなよ…。悪かったから」





頭をポンポンとやってくれている。







なんだよ。優しいじゃんか。




こういう時に優しい一面見せんなよ、バカ。



なんだか悔しくなって、もっともっと泣いてやった。




こんなんで、偽りカレカノの日常が過ぎていった。

< 4/ 11 >