ケータイ小説 野いちご

この冒険、やっぱハ-ドモ-ド過ぎません?

〔第7話〕リザイア先生、カッコ良す



『ところで、あの牛はどこに消えたんだ?』

トキユメは辺りをキョロキョロと見渡しながら先生に訊いた。

『魔法陣で吹き飛ばしたんだよ。
ずっと向こうまでね。
まあ、傷は与えられてはいないだろうが、最初の位置くらいまでは飛んだと思うよ』

先生は私から手を離すと、私たちとディノタウルスが走って来た道を指差す。

そして、私とトキユメが何気になくそちらへ視線をやった、その瞬間…
何かがこっちに向かって飛んで来るのが見えた。

『リザイア先生…あれって…』

私がひきつった表情で先生を見るが、フォンッフォンッ!と音を鳴らし回転しながら向かってくるソレを先生は呑気に見つめている。

『ん…え…?きゃああああ!!
リザイア先生!!あれ斧っ…斧ぉおおお!!』

飛んでくる物体の正体を目視で確認できる距離までなった時に、私は悲鳴をあげた。
それはディノタウルスが握っていたはずの巨大な斧だったのだ。

『豚みたいに喚くなよグズ』

トキユメが先生の声色を真似てケラケラ笑う。

『マジでぶん殴るぞ!!
言っとくけど、リザイア先生以外にグズって言われたら殺意芽生えるからね!?』

私は、先生の背後に立っているトキユメに掴みかかった。


『シレっと安全な吾輩の後ろに隠れるとは、随分とグズらしい考えだね君たち』

先生は私たちを一瞥すると、飛んで来た巨大な斧を指先に出した魔法陣でピタリと止めた。
予想はしていたが、やはり鮮やか過ぎてカッコ良す度1000%のリザイア先生だ。

『さてと、これを投げた張本人は…』

先生がそう言って空中で静止させていた斧を地面に落とした瞬間、突然何かの影が先生のすぐ傍に姿を現した。

『リッ…リザイア先生!!』

私がそう叫ぶのと同時に閃光が視界を染める。



『ほう…己の身にも魔法陣をはっていたとはな』

光によって遮られていた視界が再び開けた時、そこに居たのは先生とディノタウルスだった。
ディノタウルスが突き出した拳が先生の顔の横にある魔法陣で止められている。

こうやって常に[防御魔法陣]を身に纏っている先生には、私たち生徒でも普通に触ることすら難しいのだ。

つまり、不意討ちなんてのは事実上不可能。


『あれ?あの牛ダイエットした?』

トキユメが眉をひそませて言った。

確かに、そう考えるのも無理はない。
明らかにディノタウルスの体型は最初の筋肉ダルマの姿から、スリムで小柄になっていたのだ。

『なるほど…。
体型を変えることにより、戦闘スタイルまで変えられるわけか。
さしずめ、パワー型からスピード型への変貌ってとこかね?』

先生は肩を揺らしながら笑うと、手を翳し魔法陣をディノタウルスへと飛ばす、しかしディノタウルスはソレを物凄い速さでかわすと、足下の斧を拾い上げて後ろへ下がった。

『その通りだ。
残念だが、もう貴様の魔法陣は我に掠りもしないであろう。
それに引きかえ貴様は魔力が尽きるまで、我の速さと威力を兼ね揃えた打撃から己の身と可愛い生徒を守り続けなければならんのだ…』

ディノタウルスは斧を先生へと向けながら、その後ろに身を潜めている私たちを睨んだ。

『いやはや…確かに出来損ないのグズ共を庇いながらの戦闘は厄介だね。
よって…君を倒すのは諦めることにして、その代わりに封印することにするよ』

先生がニヤリと不敵に微笑んだ瞬間、巨大な魔法陣がディノタウルスの足下に現れた。



< 2/ 5 >