ケータイ小説 野いちご

cutie honey

four

…この日を境に、東さんは、私に近づかなくなった。

また、穏やかだった日常を取り戻した。

これで、仕事に打ち込むことが出来る。

私は、今迄の遅れを取り戻すかのように、必死に仕事に取り組んだ。

そのお陰で、午前中には、急ぎの仕事は終わらせた。

久しぶりに、屋上に向かう。

仲良くなった人達に、ランチに誘われたけど、どうしても、屋上で食べたかった。

あそこは、私の癒しの場所だから。

「…いない」

そこには、三枝課長は居なくて、ガッカリした。

気を落としたまま、いつものベンチに、腰掛けると、お弁当を食べ始めた。

半分くらい食べ終わった頃、ふと、もう一つのお弁当箱が目に入り、思わず溜息をつく。

「…食べてくれる人、居ないね」

ボソッと本音が。




「…そうなの?じゃ、俺がもらうよ」

「…え?あ!」


…お弁当箱を奪われた。

< 47/ 49 >