ケータイ小説 野いちご

こんな嘘みたいな恋愛あるわけない!

Love 3
side 青葉麗



今日の仕事は午後から。


「ねぇ。夏」

「あ?」


「昨日、すごかったね、伊紅と伊澄」

「俺も正直驚いた。あんなすばやく動けるもんなんだな。」


「俺たちもダンスとかで鍛えてるはずなのにねー」

いまだに、昨日のことが、頭に焼き付いて離れない。



いつもだったら面倒だから行かないけど、今日は学校に行く。


伊紅がいるから。



「おはよう、麗くん!夏葉くん!」
「昨日のバラエティ、すっごい面白くて2回も見ちゃったよー!」
「二人のCD、来月発売だよね?!予約したー!」 
「私も私も!」


今日も騒がしい女子たちに囲まれて教室へ向かう。


なんだか、この状況を伊紅に見られるのは、嫌だ。


俺が一緒にいたいのは、伊紅だから。


なんて思ってると。



「おい、麗。」

夏が話しかけてくる。


< 87/ 394 >