ケータイ小説 野いちご

キミの隣で恋をおしえて

04.1ヶ月と3年間。




安堂くんと仲良く(!?)なってから1ヶ月。

初秋だった季節も、もう立派な冬になっていた。


「さっむいねぇ…、知枝里?」


クリスマスまで1ヶ月。誕生日まで1ヶ月。

彼氏のいないクリスマスと誕生日は16回で充分だ!!


「え、あ、なに!?」

「なんて本、読んでるの?」

「えっ!?」


“1ヶ月で彼氏が出来る本”

“1ヶ月でくびれの出来る本”

“1ヶ月で……”


「いや、その、これは…!」


なべっちの前から、広げていた本を慌てて隠す。

どうやらあたし、おかしいんだ。

猛烈に、何かがおかしいんだ。

怒りの矛先でしかなかったはずの彼の言動に、どうやらあたし、ほだされ始めている。

すがるような姿を可愛いって思っちゃったし、お弁当だって一生懸命作っちゃってるし、……何より。


(あたしのファーストキス……っっっ)


何をホントに、ぶちゅっとヤラれてるんだ。

逃げられただろ!

いや、されるなんて思わないだろ…っ!!


(経験ないのに…っ!!!)


少しでも気が緩むと、すぐにあの時の感覚が蘇る。

蘇ると必ず、真っ赤になってしまうので、精神の統一を図って思いださないようにしている。


「と、とにかく!もうロンリークリスマス兼ロンリーバースデーは卒業したいの!」


本を揃えながら、平然を装った。


「確かに毎年女ばっかのクリスマスは嫌だもんねぇ?」

「でしょでしょ」

「それならさ、今年はガールズクリスマスは廃止にしよっか?」

「……え゛?」


突然の提案に固まる。


「ちゅ、中止…!? それを今、決めちゃう…!?」


今はまだ11月24日。

クリスマスまで、あたしの誕生日まで、まだ、1ヶ月はあるのに。


「実はねー…、知枝里に言えないでいたんだけど」

「……あっ!!!」


なべっちの、右手の薬指にキラリと光るリングがあった。

< 34/ 352 >