ケータイ小説 野いちご

キミの隣で恋をおしえて

09.お守りとヤキモチ。




『あ、あ、あそこ!?!?』

『うん。あそこならドライヤーとかで少しは乾かせるかも』

『ドドドドドド……!!??』

『それに小林、生きた化石から卒業したいんでしょ?』

『………カッ…!!』


化石候補、卒業…!!??


(それは是非とも……)


そっと、隣に立つ安堂くんを盗み見た。

何でこの男は、こんな会話をしつつもひょうひょうとしていられんだ。


『恥かかせないよ?』


安堂くんはにこりと笑って、あたしに言う。


(恥!? やっぱり化石って恥なの!?)


でも、初めては…、そういうことは、みんな好きな人とするもんなんじゃ…!!


『どうする?』

(ど、ど、どうする!?!?)


だって、初めては…、えっちは…、安堂くんなら、安堂くんなら……?

びしょ濡れのスカートを握りしめた。


『安堂くん、あたし……っ』


安堂くんに……、


『お、おね…っ』


(お願いします…っ!!!)


『なーんて、ね』


…………………………へっ!?


『あーゆーとこ、制服じゃ無理だよ。補導されちゃう』

『えっ!!??』

『行くも何も最初から入れないの。残念だったね』

『………………ざ…』


(残念だとぉぉぉ~~~~~!!??)


決めた覚悟がポロリと取れる。

安堂くんはポカンとしたあたしを鼻で笑い、口を開いた。


『小林、俺とならそーゆーことしてもいいって思ったんだ?』


ボンッ!!!


頭から湯気が出る勢いだった。


(安堂くんの意地悪~~~~!!!!)




< 115/ 352 >